夏の仕事用に着ていたTシャツを見ると 捨て気分が加速する

夏の間の仕事着は Tシャツを愛用しています。

スポーツする人向けの 汗が抜けやすいタイプだったり、見た目がさわやかな白Tだったり。普通のです。

 

これだけ毎日作業着として 着ていたのだから当然なのですが…。

着なくなった途端、毎年思うんです。

 

何で こんなに汚いの…?(;´Д`)

 

よれっとしているものは もう処分です。←ウエス行き。

来年も着る可能性が 秘められているものは、とりあえずオキシクリーン漬けです。

 

来年も着るかも。。と毎年 何枚か残すんですが、

みすぼらしいのが どうしても嫌になり 結局途中で切り刻まれてウエスになってます(-_-;)。次の夏は来ない。。

 

でも突然の暑さに対応するために、最低1枚は残しています。

 

季節が変わると 違った目線で服が見直せるので、絶好の捨て時なんです。

この捨て時に仕事着以外の普通の服も便乗して お別れできるものは手放します。

 

なんかイマイチだな。と思ったら もういらない服なんですよ。

 

去年の気持ちと今年の気持ちは やっぱり違う。

去年好きでも 今年はなんとも思えなかったり…。

 

季節が変わるたびに しっかり服が減ります。

 

よく、これ着て知り合いにあったら ちょっとイヤかも。とか思うイマイチ服の時に限って知り合いに会うのよ~。 という話を聞きます。

 

私は、これ着て「同級生」にあったらちょっとイヤかも…。が 目安です。

「同級生」です。

近所の人とか職場の人に会う格好は ずいぶんおしゃれのハードルが低いので、ダメです参考にならない(;´Д`)。

 

仕事着も納得いくものを着て、偶然誰かに出会っても恥ずかしくないように、

イマイチ服は排除。

 

全捨離 ってのも憧れるけど、まだ出来そうにないです。。

 

にほんブログ村テーマ
ミニマリストな生活 & シンプルライフ

↓ 押してくださると ミニマリストのランキングに移動します。

いつもありがとうございます(*´ω`)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村